1999年にRenato Savi氏とRuggiero Suppa氏によって設立されたRS Couture(アールエス・クチュール)。厚手の生地とボリューム感を持った品質は日本の衣裳店にも人気ブランド。カクテルドレスもバリエーションに富み、世界でもトップレベルの名門ブランドとして位置づけらるRS Coutureのコレクションを現地卸値価格でそのままご案内しています。


Ruggiero Suppa氏は、CEO(最高経営責任者)として、Savi氏は、最もクリエイティブと称されるスタイリストの1人として、1980年以来、ローマのハイファッションブライダルブランドとして不動の人気を博しました。

最初のアトリエをローマにオープン後、2005年に南イタリアのフイレンツェとも称されているレツチェにアトリエを構え、2009年にはミラノにアトリエとショールームをオープン。2006年Gran Seraコレクション発表後、2012年にはRenato Savi自身のブランドを発表してきました。

これら数々のブランドで培った経験や伝統的なイタリアハイファッションに必要な技術を、RS Couture Romeブランドで現在も活かし続けています。ドレスレスメーカーを経営し、デザイナー、パタンナー、裁断のプロ達は、伝統を守るべく引き継いできたルールに準じてドレスを仕立てています。

Savi氏も同じように誰にもまねのできない絶え間ない探求心と集中力で現在のスタイルの確立に結び付いています。



RS Coutureサイトへ

弊社では現地メーカー価格をそのままご案内致します。メーカーへの問い合わせ・発注・納品等における全ての仲介、そして煩雑な輸入手配を代行しています。

従って日本国内での販売価格と現地価格に大幅な価格差が生じている一般的な欧米ドレスの輸入代理店業者とは異なります。

ご紹介ブランドメーカーには品質・納期なども徹底させ、仕入れいただいた商品にはメーカーとの間で万全の態勢で対応をしておりますのでご安心してお任せ下さい。

最新Lookbookをご案内のうえ、ご発注もいただけます。注文単位・納期・支払い条件・サイズ展開等お問い合わせは下記までご連絡ください。担当:藤岡


NY・ミラノ・バルセロナで開催される
各ブランドの新作展示会・ショー訪問も現地でご案内中

詳しくはこちらをご覧ください<

お問合せメールはこちらからどうぞ