1999年最初のコレクションを発表以降、デザイナーAurelie Cherell(オレリー・シュレル)の独特の価値観を基に創作されるドレスは女性の優雅さを尊重してきました。現在、パリでは新進気鋭の才能溢れる職人が集まる街Viaduc des Artsにパリ店舗を構え、ウェディングドレス・イブニングドレスを仕立て今やフランスのブライダル業界のシンボルとしての地位を築き洗練されたエレガントなドレスが特徴。全てのデザイン・パターンはパリで作られ、パリまたは欧州で仕立てられるAurelie Cherellコレクションを現地卸値価格でそのままご案内しています。
若きデザイナーAurelie Cherellは現代女性のアイデンティティとなるもの全てに興味があります。1990年代、有名百貨店Galeries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)やPrintemps(プランタン)に認められ、ハウスブランドの前衛監修を任されます。そして彼女の名声はLafayette ExpressとPrintempsを通じて世界中に配信されることとなりました。

彼女のコレクションは女性の個性となるシンプルで洗練された趣味を際立たせます。ドレーピングやウェーブが映える素材を愛し、ドレスのボリューム感に気を配り、そして独特の創造力は女性のフェミニンさを強調したシルエットに表わされます。

モダンと伝統を融合し、優雅で時代を超越した作品を極めています。"シンプル、個性、創造力は彼女ならではのものです"

彼女の大好きなテーマはピュア、ポエム、夢、感情。これらをシルク素材の葉や花びらでデコレーションしながら微妙な女性らしさを表現していきます。細身のシルエット、完璧なカットでデザインされた優美なウェディングドレスは、一生に一度の花嫁の大切な日を個性的に、なおかつ華やかに際立たせます。



デザイナーAurelie Cherell氏
Aurelie CHERELL ご案内資料 Aurelie CHERELLサイトへ

弊社では現地メーカー価格をそのままご案内致します。代わって商社仲介料(仕入れ代金の10%相当)を頂き、メーカーへの問い合わせ・発注・納品等における全ての仲介、そして煩雑な輸入手配を代行しています。

従って、日本国内での販売価格と現地価格に大幅な価格差が生じている一般的な欧米ドレスの輸入代理店業者とは異なります。

ご紹介ブランドメーカーには日本人サイズ対応を徹底させ、品質・納期なども弊社にて管理させておりますのでご安心頂けます。

お問い合わせは下記までご連絡ください。担当:山形

Sposa Italia(ミラノ)/NY Bridal Market(ニューヨーク)で開催される
ドレス・メンズ新作展示会訪問参加ツアーもご案内中

詳しくはこちらをご覧ください

業者様向け資料のご希望はフォームよりどうぞ。
メール・FAXによるお問い合わせも可能です。